RAIDMAX AGUSTA について

以前の記事、拡張性とコスパが最高のPCケース【RAIDMAX AGUSTA】で書きました、欲しいと思っていたPCケースを購入しました。
HDD別室で7480円で購入(現在は6980円で購入可能)は、いい買い物でした。

RAIDMAX AGUSTA のレビュー

ファンコン、LED調光機能付き、USB3.0×1 USB2.0×2
5.25インチベイ×5、3.5/2.5インチシャドウベイ×6+2.5インチシャドウベイ×2
5.25インチフロントベイは上部3段と下部2段に分かれています。

パワーボタン&リセットボタンが天板にあり、USB、オーディオイン・アウト、ファンコンつまみ類も上向きに設置されています。
サイズもフルタワークラスで使いにくい所もありますが、HDD別室で簡単にストレージ入れ替え、増設が可能な所は、私に取りまして便利な機能です。

続きを読む>>
by linlin77  at 22:39  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   PCパーツ | PCケース

Sponsored links

Windows8の起動直後にデスクトップへ移動する方法

通常Windows8を立ち上、直後は、Windows8 UIスタイルのタイル画面が立ち上がります。
すぐに従来のデスクトップ画面をたちあげたい場合は、WinDで移動出来ます。

タイルの左上をデスクトップにする

Windpws8 すぐにデスクトップへ移動する方法

[画像をクリックすると拡大します] もっと簡単にデスクトップへ移動する方法WinDのショートカットキーを使って、デスクトップへ移動してもいいのですが、もっと簡単な方法があります。
答えは、「タイルの左上をデスクトップにする」です。

左上へデスクトップのタイルを移動したら、Entrを押し下げるだけで一発でデスクトップへ移動出来ます。
もし起動後に一番に見たいアプリがある場合は、そのアプリのタイルを左上にしておくことで、同様にその画面に移動出来ます。

ほんのちょっとしたWindows8の小技でした。


PCケースのエアフローを正圧にする理由

私は、PCケースにはいくつかの強い拘りがあります。
その最たるものは、正圧です。もともと正圧のPCケースもいくつか存在しますが非常に少なく、多少コストが割高です。
負圧のPCケースでも、吸気ファンを高回転にしたり吸気ファンを追加し、バランスの取れる範囲で排気ファンの回転を絞ったりすると、正圧になります。
今回は、私が何故そこまでして正圧に拘るのか、等をを書きます。

続きを読む>>
by linlin77  at 01:24  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   PCエアフロー 

低コストとコストパフォーマンスの違い

同じ商品やサービスの価格が高かったり安かったりすることはよくあることです。
私が考える商品やサービスのコストについてお話したいと思います。

低コストとコストパフォーマンスは違います

まず、基本からですが、低コストはコストが低いこと(安いこと)です。
単純に物の価値がどうとかいうことは抜きにしてコストそのものが、安いか高いかで、安ければ低コストです。
それが低コスト。

次にコストパフォーマンスとは、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合いとあります。以下参照してください。

コストパフォーマンス(cost performance、CP)とは、あるものが持つコスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合い。費用対効果(B/C)または対費用効果[1][2]。コスパと略されることもある。和製英語ではないが、通常はcost-benefitということが多い。

数値を算出する場合は、効果を費用で割る。すなわち、費用が安く、効果が高いほど、コストパフォーマンスが高い。

[コストパフォーマンス - Wikipedia]より引用

パフォーマンス / 費用=コストパフォーマンスとするとわかりやすいかもしれません。
そして、パフォーマンスとは、感じ方が人によって違うためにどれが一番コストパフォーマンスが高いかは、人によって違うこともあるということです。(だと思います)

続きを読む>>
by linlin77  at 19:38  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   PC etc. 

Windows8のAeroを復活させる

Windows8 Release Preview版までは有効だったAeroデザインが、Windows8 製品版では半透明が不透明へ変更され、右上のボタンのデザインもベタ塗りの塗りつぶされたデザインへ変更となりました。
ただの、デザイン変更なのですがベタ塗りのなんともいけてない見た目と、最前面以外のウィンドウ枠の色がグレー(灰色)になり非常に見づらくなりました。
(デザインや見た目は、個人の主観によるものです。)

Windows8のウィンドウ枠を半透明にならないかと調べてみました。

続きを読む>>
by linlin77  at 16:51  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   ソフトウェア | PC etc.

古いPCをできるだけ長く使うのにおすすめのパーツ

古いPCを大事に少しでも長く使いたい。現在のPCは新品でも凄く低価格になり、古いPCにお金をかけて使うよりさっさと最新のPCに買い替えた方がスペック的にも経済的にも効率的です。

古いPCを使い続けたい理由

しかし、スペックやお金にも代えがたい愛着感などがあり、しかも現在でも当時の価格で思い入れがあったりと、大事に使い続けたい気持ちになることもあります。
私の場合は、当時から使っているわけではなく、中古PC、中古パーツで組み上げた自作PCです。同じような方もいらっしゃるかと思います。

続きを読む>>
by linlin77  at 02:01  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   PC etc. | PCエアフロー

拡張性とコスパが最高のPCケース【RAIDMAX AGUSTA】

【RAIDMAX AGUSTA】フルタワーPCケースかと思うほどの高さがあるケースですが、ミドルタワーです。
ケースの下部は、3.5インチドライブベイ×6のスペースが確保されています。
サイドパネルが上下で別々に開けるようになっていますのでHDDやSSD(トレーは3.5インチ、2.5インチに対応)の増設、取り外しが簡単にできます。ファンコンとLED照度(明るさ)コントローラーもついています。

2013年1月19日現在 在庫切れにより入手困難です。

続きを読む>>
by linlin77  at 15:22  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   PCパーツ | PCケース

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

スピーカーやヘッドフォン、どちらも音を出すための製品ですが、音がいいか悪いか、満足できるかできないかは人によって違いがあり、音に対する感覚、拘りも違うので難しいデス。
私がPCで使っているスピーカーは、ディスカウントスーパーで買った安物ですが、2チャンネルでサブウーハー付きのスピーカーです。
パソコンでCD/DVD再生、ネットで動画再生くらいならこれで充分と思っています。
因みに私の音の好みは俗に言うドンシャリ系です。ソコソコ低音と高温が出ていてボーカルがソコソコクッキリしていれば満足な人です。

さすがに高温が割れたり、全く低音高音が出ないスピーカーやヘッドフォンは使いたくありません。

充分いいレベルの音を出す低価格スピーカー

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
  • ASIN: B0053N3NVW
  • [Personal Computers]
  • 価格: ¥ 1,523
  • ロジクール
Amazon.co.jp で詳細を見る
商品の仕様
  • 仕様:2ch USBスピーカー
  • 入力端子:3.5mmステレオミニジャック x1
  • 出力:0.6W+0.6W
  • 外形寸法・重量:(幅)88mm x (奥行)90mm x (高)110mm / 248g
  • 電源:USB
続きを読む>>
by linlin77  at 01:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   PCパーツ | 周辺機器

自作PC終了か?「Broadwell」世代からデスクトップ向けは無くなる?

この記事を読んでいただく前に、【笠原一輝のユビキタス情報局】 チックタック時代に別れを告げるBroadwell ~タブレットにフォーカスしたBGA版SoCのみ、LGAは終焉へ?に目を通していただきたい。
既にご存知のかたも多いかもしれませんが、この発表の通りなら、自作PCどころかデスクトップ型PCまでも終了ということになってしまいます。

続きを読む>>
by linlin77  at 20:04  | コメント(2)  | トラックバック(0) |   PCパーツ | CPU

HDDを完全にフォーマットしたい

HDDのフォーマットには、物理フォーマットと論理フォーマットの2種類があります。
新品のHDDや、バルク品のHDDは、購入した状態で物理フォーマット済みの状態で工場出荷されています。
そのため、一般的には物理フォーマットは必要ありません。

物理フォーマットの必要性とは?

Windows上から行うフォーマットは、論理フォーマットです。クイックにチェックを入れようと入れまいと同じ論理フォーマットです。繰り返しますが大抵のケースは、論理フォーマットで充分です。
では、どんな時に物理フォーマットの必要性があるのか?です。

  • 論理フォーマットを行おうとしたが途中で止まってフォーマット不可能な時
  • ハードディスク全体あるいはパーティション全体をフォーマットしデーターを復元不可能な状態にしたい時
  • 大事なデーターの保存用に使う前にHDDの動作確認用として

などが考えられます。他にもいろんな目的、使い方があると思いますが、私がさっと思いつくのはこんなかんじです。
稀に、Windows上の論理フォーマットができないが、物理フォーマットをした後に、もう一度論理フォーマットをするとフォーマット可能な場合があります。
しかし、大事なデータを保存するのに、このような一度、何らかのエラーが出たHDDを使うことは、お勧めできません!
充分にテストしてから使い始めるか、なくなっても大丈夫なデーターの保存用として使いましょう。

続きを読む>>
by linlin77  at 19:09  | コメント(0)  | トラックバック(0) |   フリーソフト 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る