1. Home
  2. 2014年11月
2014年11月

【ジサカーに悲報】メモリとSSDが値上がりの予測

自作PCの価格がこれまでも上昇していたんですが、より一層価格が上がる予想が出ています。
買うならこの一週間位で買っておいたほうが良さそうで、一旦上がったら一年以上値下がりは無い見込みが濃厚です。
あくまでも予測です。もし価格変動が予想の逆に動いても当ブログでは一切責任はありませんのであしからず。もちろんですが購入は自己責任でお願い致します。

情報のソースは週末アキバ特価リポート:「今週末が限界かも」――メモリやSSDがまもなく値上がり (1/2) - ITmedia PC USERです。その他IT系情報サイトでも同じような記事を見ることができます。

輸入品である以上外貨の価格変動に左右されるのは仕方ない

以前は国産のメモリもあったりしたんですけど今は無いと聞きます。
生産国が韓国や台湾、後アメリカもあるのかな、などが多く、価格変動の理由は外貨の為替変動だけではなく、生産量を調整して値下がりを抑えたり、価格を上げたりしている。

一時期はDDR3の4GBメモリが一枚3000円台で替えたりしたんですけど(価格.com - CFD W3U1600HQ-8G [DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組] 価格推移グラフ8GBメモリの値動きの例)安かった頃は異常なやすさでむしろ今が正常な価格なのかもしれない。
アベノミクスも手伝ってか今の価格で購入できそうなのは残り一週間くらいらしく、どこまで値上がりするかは蓋を開けてみなければわからない。年末年始の特価でも今より高くなりそうという予想です。(メモリーとSSDに限ります)

続きを読む>>

Sponsored links

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る