1. Home
  2. 2015年12月
2015年12月

CPU殻割りに躊躇してる方へ見ていただきたい動画

Core i7 4790K Devil's Canyonを殻割り

前々から殻割りには興味はあったのですが、リスクが大きすぎて手を出していませんでした。やはりCore i7は安くはないですし、壊しちゃった日にはショックが大きすぎて...
しかしこの動画をご覧いただくと、同じ道具を使い気をつけるところさえ分かれば出来そうな気がしてきます。
それではご覧ください。

4790K CPU殻割り講座 第三回 Part1~6
4790K CPU殻割り講座 第三回 Part1~6

作業が非常に丁寧で慎重です。この動画を見て自身が付いた方は多いのじゃないでしょうか。

続きを読む>>

Sponsored links

自作PCの電源の種類から電源の選び方まで

ATX電源の選び方

自作PCの構成の中で電源は重要な役目を持っていますが、直接スペックに関係しないためか軽視される傾向にあるのも事実です。
電源の選び方に付いて書いていきます。

一般的なパソコンの電源の種類

ココで一般的なと前置きした理由についてですが、メーカーや型番によってはメーカー独自規格の電源だったりしますので、メーカー独自規格の電源については除くという意味で一般的なと前置きしています。
それからタワー型以外では、一体型PCの多くは本体内部に電源は搭載せず、アダプター形式の電源を多く採用されています。
ココではメーカー独自規格とアダプターを除いた一般的な電源という意味で説明しています。

広く一般的に流通している電源規格はATXです。ATX電源以外はスリムタワー型の筐体や小型キューブ型パソコンなどで使われていますが、あまり電源のみでは販売されていません。

電源のサイズ

  • ATX
    サイズ:幅150×奥行き140×高さ86mm
    幅150×奥行き160×高さ86mm 120mmファン等の大型の冷却ファンが搭載されている製品では、吸排気するためにファン側に隙間が必要になる。 しかしながら、一部のPCケースでは電源取付用ネジ穴の位置が、電源の上下逆さまの取り付けに対応していない場合があるため、電源との組み合わせでファン側が板金でふさがれてしまうことがあるため注意が必要。
  • SFX
    サイズ:SFX(A) 幅100×奥行き125×高さ50mm
    SFX(B) 幅100×奥行き125×高さ63.5mm SFX(C) 幅125×奥行き100×高さ63.5mm SFX(D) 幅100×奥行き125×高さ63.5mm ※ SFX(B)とSFX(C)はファンの厚みが17.1mmとなっており、空冷ファンが下部に出っ張っている。
  • TFX
    サイズ:幅85×奥行175×高65mm

参照元:ATX電源 - Wikipedia

一番広く普及しているのはATX規格です。ATX以外の規格は自作PCではあまり流通していません。

_shakib_

続きを読む>>
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る