1. Home
  2. PC etc.
  3. 周辺機器
  4. マウスソールにカグスベールはコスパ最高

マウスソールにカグスベールはコスパ最高

マウスは個人的にバッテリー切れが嫌なので有線タイプ、一度使うと止められなく成る5ボタンマウスという理由で、ELECOM M-LS7ULSV(←メーカー製品ページ)をかれこれ2年半使っています。
以前使っていたのが大型のマウスでしたので多少慣れが必要でしたが今ではもうこれでなくてはダメってなくらい気に入っています。(980円で購入した安物ですがw)

マウスソールの交換

そんなお気に入りのマウスが、多少滑りが悪くなってきました。少しずつ汚れが付いたり劣化したりするので、毎日使っていると気付きにくいと思います。
今、同じ型のマウスを探すと2000円程の価格になっているので、これは買い換えたらイカンと感じて、マウスソールを何とかせねば、しかも低コストでって感じで調べていたら、4Gamer.net ― 最高のコストパフォーマンスを誇るマウスソールの代替品「カグスベール」を今さら紹介してみるという記事を発見しました。

カグスベール(←Amazon検索結果ページ)は本来家具を滑りよくさせるための物ですが、マウスソールと素材が同じで、入手性もよく価格が安いというのを聞いたら買わずにはいられません。

マウスソールのお掃除

マウスソールに汚れ・ゴミが付着すると気付かないうちに少しずつ滑りが悪くなって行きます。
マウスソールの交換をする前に簡単に掃除をするだけでも滑りが良くなる場合がありますのでお試し下さい。

マウスソールの交換

掃除してもダメだった場合や不満が残る場合は、交換になります。
マウスソールに求められるのは、個人差はありますが、滑りやすくするために表面をツルツルにして滑り抵抗を減らすことと、滑りやすさだけでなく今度は止まり易さが求められます。

この滑りやすく止まり易いという相反する性能はどうやって実現するかといいますと、滑り抵抗を減らして滑りを良くすること。次にマウス本体の重さが軽いほうが止まり易く成ります。またマウスパッドも適度に滑りやすく、しっとりとした柔らかさで止まり易くする工夫がされています。

マウスソール交換手順
  1. 元から付いているマウスソールを剥がす
  2. カグスベールの貼付けが良くなる様にノリを落とす
  3. カグスベールを事務用パンチ穴あけ器かカッターナイフを使って適度なサイズにカットする
  4. 元あった所に貼り付ける
  5. マウスソールの厚みが足らないようなら2重に重ねる

半信半疑でカグスベールを使って交換してみたところ、マウスの動きが嘘みたいにツルツルになりました。
本当にツルツルで摩擦抵抗が減ったのを体感できます。

ニチアス トスベール 30X12mm 18枚入り
ニチアス トスベール 30X12mm 18枚入り
  • ASIN: B00140F01O
  • [Tools & Hardware]
  • 価格: ¥ 351
  • ニチアス
Amazon.co.jp で詳細を見る
カグスベール フリーサイズ
カグスベール フリーサイズ
  • ASIN: B00140DJKI
  • [Tools & Hardware]
  • 価格: ¥ 540
  • ニチアス
Amazon.co.jp で詳細を見る

同じものがホームセンターやディスカウントショップでも売られています。
お気に入りのマウスが壊れたわけではないのに、滑りが悪くなった程度で買い直すなんてもったいなすぎます。
マウスソールの交換は簡単に出来ますので、使い込んだマウスでマウスを交換したくないって人はお試し下さい。

手首に優しいマウスを探している方には以下の記事もオススメです。

マウスを使うと腱鞘炎になりやすい方のマウス選び エルゴノミクスマウス : パソコンあれこれブログ

マウスを使うと腱鞘炎になりやすい方のマウス選び エルゴノミクスマウス

長時間パソコンを使うと、マウスを持つ方の右手の手首に違和感があったり、痛みが出る方がいらっしゃると思います。私もそうです。右手の手首に違和感とひどい時は痛みも有ります。シップを貼ったり手首の運動をしたりしてもその場しのぎの効果しかありませんでした。

最後までお読み頂き有難う御座いました。m(_ _)m

by linlin77  at 00:21

Sponsored links

関連しているかもしれない商品

この記事のリンクタグ
トラックバックURL
コメントを書く
コメントする

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る