1. Home
  2. PCパーツ
  3. CPU
  4. CPU Core i7 6700 BOXをK付きが良いのか無印がいいのか悩んで見る

CPU Core i7 6700 BOXをK付きが良いのか無印がいいのか悩んで見る

Computer-Processor-Intel-Core-i7-6700

CPUはCore i7にしようと決めてもK付きが良いのかK無しの無印がいいのか悩むことって、けっこう多いと思います。
今回の記事はそんな方の少しでも参考になれば幸いです。

Core i7 6700 とCore i7 6700Kの価格差

Core i7 6700 BOX かCore i7 6700K BOXのどちらにしようか悩んだとします。まずは価格差から計算して考えてみましょう。
価格は価格ドットコムの最安値を元に計算しています。

  • Core i7 6700K BOX¥44,399
  • Core i7 6700 BOX¥38,980

価格差は¥5,419になります。
倍率ロックフリーでOC可能なのが型番の後ろにKが付いている方でK無し 無印の方は基本的に定格クロックでしか動かせません。

価格差の5千数百円を高いと見るか安いと見るかはアナタ次第です。
続きでは私なりにあれこれ書いてみます。

ゲーミングPCですとGPUを追加することに成るはずです。ゲームにもよりますが、GPUの性能に依存するソフトが多いようです。新しく作った自作PCも一年経つと型落ちに成ることもしばしばですので、なるべく低予算でスペックアップと体感をとなると、GPUだけ換装というケースもありますね。
ビデオカードなら付け替えも直ぐにできますし、予算もGPUの分だけで済みます。

しかし、CPUをスペックアップするとなるとマザーボードも換装する必要が出てくる場合があります。そのチップセットの一番いいCPUを選んでいる場合は、そのマザーボードに合うCPUは現在のCPUが一番高スペックという事になりますから、次世代かそれ以上待つことに成るのは当然です。

こう考えると後々GPUだけを交換してスペックアップするのならCPUはOCしないとしてもK付きを買っておいたほうがいいのでは?という考えも成り立ちます。
CPUは1世代か2世代分くらいなら最新の定格のスペックにはOCで追いつくことも可能です。買ってすぐにOCしてもいいですし、暫く定格で使ってOCしてもいいです。

Core i7 6700のスコア比較

PassMark Intel vs AMD CPU Benchmarks - High End
Benchmarks chart of high end Intel and AMD CPUs. Made using thousands of benchmark results and updated daily.

上記サイトを元にスコアを記しておきます。

  • Intel Core i7-6700K @ 4.00GHz11,021
  • Intel Core i7-6700 @ 3.40GHz9,960
  • Intel Core i7-6700T @ 2.80GHz9,160
  • Intel Core i7-6700HQ @ 2.60GHz8,040

T,HQも同じ6700シリーズということでスコアを載せておきます。

後々のスペックアップのことも考えるとK付きがいい

自作PCのメリットとして、一部のパーツ交換や買い足しで簡単にスペックアップが可能と言うのもメリットの1つです。壊れるまで使うかどうかは別にして、新しくなってもスペックがほんの少しの差しか無いCPUはなるべく長く使い、GPUはCPUに比べ短く使うのであればCPUは数千円の価格差でしたらK付きを買っておいた方がいいという結果になりました。

by linlin77  at 17:30

Sponsored links

関連しているかもしれない商品

この記事のリンクタグ
トラックバックURL
コメントを書く
コメントする

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る