1. Home
  2. PCパーツ
  3. PCケース
  4. PCケースの選び方 自作PC初心者用

PCケースの選び方 自作PC初心者用

自作PC初心者用の構成価格を抑えようとすると、PCケースと電源の価格を下げようと考える人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
PCケースは、直接スペックには関係ないパーツですけど、タダの箱じゃありませんので自作PC初心者用にPCケースの選び方を解説します。

PCケースはタダの箱では無い

PCケースに求められる性能は、人それぞれかもしれません。必要最低限のコスパ重視ケースから高級ケースまで様々です。
どの様な違いがあるのかリストアップしてみます

DOS/V POWER REPORT 2015年3月号
DOS/V POWER REPORT 2015年3月号
powered by LinkAmz
Brand : インプレス
Ranking : (2016/02/18 03:49:46)
Price : ¥ 1,180
PCケースの機能
  • 5.25インチベイ・3.5インチベイ(2.5インチベイ)の数
  • ツールフリー(ネジを使わずに取り付け可能)
  • 搭載可能なマザーボードのサイズ
  • オープンベイ、シャドウベイの数
  • 搭載可能なHDD、SSDの数
  • 搭載可能なファンのサイズと数
  • 電源を搭載する位置
  • 吸気ファンのフィルターの有無
  • 裏配線が可能かどうか(ケーブルマネジメント)
  • パネルの材質や板厚(スチールかアルミ、その他部分的なプラスチック)
    • サイドパネルの一部又は全体がアクリル製
  • 静音性、サイドパネルに遮音シートの有無
  • ファンコンの有無
  • 温度表示の有無
  • 水冷用ラジエター搭載可能ならその位置と数とサイズ
  • パーツのレイアウト
    • 内部のシャドウベイが取り外せるなど
  • 装飾用LEDの有無
  • その他デザインなど etc

バランスや好みによって何を優先するのかが変わってくるので、これは譲れないという様な絶対条件を幾つかに絞って決めていくと決めやすくなります。


標準的なケースや特徴的なPCケースを紹介します。

Photo:Fractal V3 silent PC case By Andrew Mason

PCをケースの選び方

PCケースを大まかに分けると、サイズ別、(スリムタイプ、ミニタワー、ミドルタワー、フルタワー、キューブ型)と静音型PCケースと冷却型PCケースに分けることが出来ます。
あまり音が気にならない方はフロントがメッシュになっているタイプを選んでおくといいでしょう。

細かいことですが、電源ボタンの場所やUSB端子の場所が使いやすい場所にあるかを調べておくといいです。
それからPCケースを置く予定の場所に入るのか外形サイズを調べておくといいです。

以前ZALMAN Z9 Plusという冷却型の低価格PCケースが発売され、大ヒットしました。120mmファンが標準で4つ付いて最大7つまで搭載可能で、裏配線可能、ファンコン、温度計付き、で実売5千円前後のPCケースでした。低価格ケースなのでよく見れば欠点もあったのですが、他のメーカーもそれ移行追従して低価格路線に変更したような内容もあったりします。
どこでコスト削減しているのかを簡単に見分けるのは困難ですが、1つの目安としてケースの重量で判断することが出来ます。

同じようなサイズで同じ材質ならば似たような重量になります。外形が同じなのに一方は極端に軽いケースは板厚が薄いと思ったほうがいいでしょう。しっかりした作りのPCケースを探しているのならば重量も見ておくと判断材料の1つにはなるはずです。
ネットで注文する前に1度ショップで見て触って確認できる環境ならば、確認して比べて購入するのもPCケースをケース選びで失敗コツかも知れません。

標準的な機能のPCケース

激安でもキチンと最低限の機能は装備したコスパ抜群なPCケースです。

冷却ファンも別売りで最大で120mm×5を取付可能ですし、エアフロー重視にも変更可能です。フロントはフルメッシュで、パワースイッチやアクセスランプ、USB類がフロントに集中していますので、困ることは少ないはずです。

ENERMAX ECA3360B-BT(U3) (Fulmo Q )
ENERMAX ECA3360B-BT(U3) (Fulmo Q 黒) フォームファクタ ATX / MicroATX / Mini-ITX
外形寸法 W198×H426×D460mm
電源 別売り。
拡張スロット 7 ※ 最下段(7個目)のスロットは使用できません。
5インチベイ数 2
3.5インチベイ数(内部ベイ) 3
2.5インチベイ数(内部ベイ) 4
付属FAN [背面]120mm×1(オプションで、フロント、側面に 合計最大5基までファンの搭載も可能です。)
前面端子 USB3.0x1、USB2.0x1、Audio I/O

Fulmo Q の後継で発売されたOSTROG ECA3252-Bになります。

OSTROG ECA3252-B スペック・仕様・特長
基本スペック
対応ファクター ATX / MicroATX 電源 別売り
2.5インチシャドウベイ 3.5インチベイ 1 個
3.5インチシャドウベイ 5個 5.25インチベイ 4 個
サイズ・重量
重量 5.32 kg 幅x高さx奥行 200x460x480 mm
カラー
カラー 黒、黒/赤
ENERMAX Micro ATX、ATX対応 PCケース Ostrog Black ECA3252-B
ENERMAX Micro ATX、ATX対応 PCケース Ostrog Black ECA3252-B
  • ASIN: B007SUGXOC
  • [Personal Computers]
  • 価格: ¥ 5,862
  • ENERMAX
Amazon.co.jp で詳細を見る

静音型PCケース

静音型PCケースはサイドパネルに静音シートが貼り付けてあったり、フロントパネルが扉状のものが多いです。最近の静音型PCケースはエアフローもしっかりしているので、よほどの構成でない限りしっかり冷却できます。寝室で夜中に録画用として使いたい方や、作業に集中したい方などにオススメです。

Define R5 FD-CA-DEF-R5 スペック・仕様・特長
基本スペック
対応ファクター ATX / MicroATX / Mini-ITX 電源 別売り
2.5インチシャドウベイ 2 個 3.5インチベイ
3.5インチシャドウベイ 8 個 (取り外し可能) 5.25インチベイ 2 個
サイズ・重量
重量 11.2 kg 幅x高さx奥行 232x462x531 mm
カラー
カラー Black / White / Titanium
(アクリルサイドパネル有 /無
選択可能)
その他 ヒンジ取り付け位置を変更することにより、フロントパネル扉が左右どちらからでも開閉できる

Fractal Design Define R5は、価格.comでも売れ筋ランキング1位に表示されている人気ケースです。
色は黒のほか、白とチタニウムも選べます。

5インチベイがない特殊なケース

DVDドライブを内蔵で取り付けできない特殊なPCケースになります。その代わりフロント部分に120mmファンを3つ搭載可能になっているのが特徴です。
DVDドライブはOSをインストールする時しか使わないような方も増えてると聞きます。そういう方にオススメです。

冷却型でオススメなPCケース

メーカーページ:Thermaltake - Japan - Core V71 - CA-1B6-00F1WN-00 / Amazon.co.jp:Thermaltake Core V71 フルタワーPCケース 日本正規代理店品 CS4573 CA-1B6-00F1WN-00

Thermaltake製のPCケースで、特徴は、フルメッシュ構造ということと、前面に200mmブルーLEDファン×2個、上面に200mmブルーLEDファン×1個、背面に140mmファン×1個を標準装備していることです。
200mmの大型ファンが3つ標準搭載でトップにもう1つ200mmファンを追加可能になっています。

Extend ATXマザーボードまで搭載可能なので内部も広々していてメンテナンスがしやすそうです。本格水冷にも簡易水冷にも、もちろん空冷にも優れた性能を発揮しそうです。
フィルターもしっかりしたのがついていて、ファンの構成次第では制圧にもできそうです。大口径ファンをゆるゆる回して静音化を狙いながら冷却もしっかりしているのをお探しの方にはオススメのケースです。

PCパーツの選び方シリーズ
  • 自作PCの電源の種類から電源の選び方 : パソコンあれこれブログ

    自作PCの電源の種類から電源の選び方

    自作PCの構成の中で電源は重要な役目を持っていますが、直接スペックに関係しないためか軽視される傾向にあるのも事実です。電源の選び方に付いて書いていきます。一般的なパソコンの電源の種類ココで一般的なと前置きした理由についてですが、メーカーや型番…

  • 【初心者向け】CPUクーラーの選び方 サイドフローとトップフローはどっちがいい? : パソコンあれこれブログ

    【初心者向け】CPUクーラーの選び方 サイドフローとトップフローはどっちがいい?

    初心者向けにCPUクーラーの種類と選び方に付いて解説してみます。季節は夏本番でしかも、エコブームでエアコンの温度設定を高めにしていたり、オフにして節電に心がけておられる方も多いと思います。自作PCのパーツ構成が決まっても最後に悩んだり変更したり、一度は組み…

by linlin77  at 06:26

Sponsored links

関連しているかもしれない商品

この記事のリンクタグ
トラックバックURL
コメントを書く
コメントする

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る