1. Home
  2. PC etc.
  3. マイニング
  4. 余ったパソコンで仮想通貨を稼いでみませんか RADEON RX560 570シリーズが入手困難になるほど人気です

余ったパソコンで仮想通貨を稼いでみませんか RADEON RX560 570シリーズが入手困難になるほど人気です

NiceHash マイニング

NiceHash Minerでマイニングを始めました

仮想通貨フィーバーといいますか、マイニングフィーバーといいますかとにかく一部の人達の間ではブームになっています。
モナーコインマイニングをやっていましたけどディフィカリティー(採掘の難易度)が急激に上昇して電気代の元が取れなくなったので過去に止めていました。
仮想通貨で少しばかり稼いで、GPUを買い足そうと考えていたけど甘かった(笑)

余ってストックになっていたRADEON R9 390Xと、今回のブームに乗っかるために
MSI RADEON RX570 4GB ARMOR 4G OCを2枚買い足し仮想通貨マイニングを始めることになりました。
しばらくこの業界から離れていて情報がなかったために始めるまでに情報収集に苦労しましたけど、なんとか始めることが出来ました。

NiceHash Minerという便利なマイニングソフトが有って常に効率のいい仮想通貨に自動的に切り替えてくれるソフトが有るのでお世話になっています。
今回は、マイニングを始めるのに必要なソフトやパーツのことを書いていきます。

仮想通貨マイニングを始めるために必要なもの

まずは自作PCのパーツが必要です。既に持ってる方はそれを使うことも出来ます。

電源
  • GPUの枚数と一枚あたりの消費電力によって必要なワット数が変わってきます
  • システム全体のワットパフォーマンスを上げるためにも変換効率が重要になってきますのでできれば80PLUS Platinumが欲しいです
マザーボード
  • 安定性が重視されますがあまり高価なものは必要ありません。安定性と価格のバランスで考えて下さい
  • GPUを増やしていくのならば型番にBTCとついているマイニング用マザーボードが好ましいです
  • PCIスロットが沢山付いているといいです
CPU
  • マイニングにはCPU負荷はほんの少ししかかかりませんので低価格低スペックなもので構いません
  • 消費電力が出来るだけ少ないものが好ましいです
  • Intel Celeron G3900
メモリ
  • 4GB あれば充分です
GPU グラフィックカード
  • これが一番重要なパーツです
  • GPUにガンガン働かせるために他のパーツが有ると言ってもいいくらいです
  • 冷却のためにファンが2つ以上付いてるものを選んでおくといいと思います
  • 消費電力、Hashレート、購入価格(いつ元を取れるか)
SSD
  • ストレージはHDDでもSSDでも構いませんがこれも消費電力が少ないほど好ましいです
  • OSが入るくらいの容量で構いません
電源を2台繋ぐケーブル
  • 1台のシステムにGPUを増やしていくと1000w電源でも容量が足りなくなってきますので、1台のシステムに2台の電源を繋ぐ場合それ用のケーブルで繋いで上げる必要があります
  • 1台目の電源のスイッチングを2台目も同期させる役割がります。
ライザーケーブル
  • マザーボードのPCIやPICeスロットの間隔は物理的に狭いので、間隔を離してあげる必要があります
  • 補助電源が必要なものと無いものがありますが補助電源有りの物を選びましょう
ラックなど
  • メタルラックや木製の手作りラックなど皆さん色々苦労しているようです
  • システムを何台も増やしていくのならばアングルラックが良さそうです。
サーキュレーター、扇風機
  • 冷却のために部屋全体のエアフローも考えてあげましょう

後はOS Windows10がいいようです。Linux系もマイニング用のOSがあるようですけどハードルが高いです。

マイニング用マザーボード

最大GPUが12枚挿せるという正にマイニング向きのマザーです。縦に1列にスロットが並んでいるものに比べてライサーカードが物理的に干渉しないのもいいです。またLANチップが信頼のおけるIntel製なのも安心です。
(そのうちドライバが対応するかもしれませんが)Windows10では12枚認識させることが出来ませんので、OSを ethOS Mining OS にするか、GeForceとRADEONに分けるかにしないといけないようです。

BIOSTAR ULTRA PRO CRYPTO-MINING マザーボード TB250-BTC PRO
BIOSTAR ULTRA PRO CRYPTO-MINING マザーボード TB250-BTC PRO
  • BIOSTAR
  • チップセット: Intel B250
  • CPUサポート:LGA 1151(Core i7、i5、i3、Pentium、Celeron) ※Max TDP:95W
  • 搭載可能メモリ:2× Dual Channel DDR4 2400/ 2133/ 1866 DIMM、Max 32GB
  • 拡張スロット: 1 x PCI-E x16 3.0、11 x PCI-E x1 3.0
  • ストレージ:6 x SATA3
  • USB: 4 x USB 3.0、1 x USB 3.0 Header、4 x USB 2.0、2 x USB 2.0 Header
  • 日本国内正規代理店保証:1年間
Amazon.co.jp で詳細を見る

おすすめのライザーケーブル

ライザーはどれも同じではなく認識しなかったり、作りが雑でショートしていたりするものも有るようです。電源から分岐して繋ぐ場合は、1本のケーブルに対して2つか3つまでが上限のようです。
リンク先から8本セット、10本セットも選べます。

YIKESHU(一本樹)  新型 二重ポート USB3.0 PCI-E Express 1x-16x拡張ライザーアダプターカード ビットコイン採掘 6Pin PCI-Eと15Pin SATA電源ケーブル 60cm延長ケーブル (3pcs)
YIKESHU(一本樹)  新型 二重ポート USB3.0 PCI-E Express 1x-16x拡張ライザーアダプターカード ビットコイン採掘 6Pin PCI-Eと15Pin SATA電源ケーブル 60cm延長ケーブル (3pcs)
  • YIKESHU
  • ご注意:ケーブルを挿す時も、抜く時も、まずは電源を切ること。商品を壊さないため、ケーブルを挿す前はちゃんと方向を間違えないように挿してください。
  • 1X、4X、8X、16X PCI-Eスロットと互換性があります。60cmのUSB3.0延長ケーブルとして、PCI-Eデバイスの配置は好きなように変えることが出来ます。
  • 4つの高品質固体コンデンサ、電圧レギュレーション、および過電流保護が付きます。
  • 6ピンPCI-E電源‐SATA15ピン電源ケーブルを直接、電源と接続して、マザーボードの電力負荷を軽減し、電源との最大限の互換性が確保できます。
  • ゴールドメッキ接点により、完璧な接続性と長寿命を実現します。
Amazon.co.jp で詳細を見る

マイニングに必要なソフト

マイニングに必要なソフトは、掘るためのマイニングソフト、仮想通貨を管理するためのウォレット、その他GPUをオーバークロックするためのソフトが必要になります。

NiceHash Miner

NiceHash Miner
左側の緑色のボタンリンク「Download now」からダウンロード、インストールします。

ダウンロード→インストール後NiceHash Minerを起動したら、Bitcoinアドレスをコピペして、ワーカーネームを設定します。名前はWorker1のままでもいいですし、分けて管理したい場合は番号を割り振ったり名前を分けたり好きにどうぞ。サービスロケーションを日本からならばJapan Tokyoを選びます。
Display CurrencyをJPYにしておくと日本円で表示してくれます。
一通り設定が終わったらベンチマークを取る必要があります。

GPUが全てNiceHash Minerに認識されているかチェックしベンチマークを開始します。
Start mining after benchmarkにチェックをいれておくとベンチマーク後、自動的にマイニングが開始します。

通常ならプールを設定したり、バッチファイルを編集したりとしなければいけなかったのですけど、NiceHash Minerの登場のお陰で助かります。NiceHash Minerは、ベンチマークの結果によりどの仮想通貨を採掘したら効率がいいか(常に採掘効率はプールによって、又は通過によって違ってくる)自動的にチェックし切り替えてくれるので、毎日変動する効率を計算したりする必要がなくなったというわけです。採掘に効率のいい仮想通貨に切り替えてその後は一番相場が安定していて使いやすいBitcoinに変換して指定したアドレスに振り込んでくれます。

より詳しい使い方は以下のリンクで

仮想通貨ウォレット Jaxx

Jaxx IO
多くのメジャーな仮想通貨をJaxx1つのウォレットで管理できます。スマホ版も用意されています。必ずウォレットに塗り込んだ後はバックアップをして下さい。

Jaxxの使い方についてはJaxxの作り方・使い方|PC・スマホ用の仮想通貨ウォレットが詳しいです。
Jaxx公式Twitterです。 Jaxx(@jaxx_io)さん | Twitter

どのメーカーでも1つのソフトでGPUオーバークロックMSI Afterburner

Afterburner | MSI Global
MSI designs and creates top-tier gaming gear for gamers.

Afterburnerを起動してGPUクロックをハッシュレートが下がらないギリギリまで下げる、メモリクロックをHashレートが高く安定するところを探し上げる、電圧を下げる。
設定は難しいですけど、やりがいがあります。設定を変更するときはNiceHash Minerは一旦ストップして下さい。

オーバークロックは自己責任でお願いします。
他の方法として、GPU BIOSを書き換えてHashレートを最大限まで引き出すやり方も有りますけど、失敗するとGPUを認識しなくなります。コチラも自己責任になりますけど、海外の情報が多くなるのを覚悟して、失敗のリスクをなるべく低くするためにバックアップは万全な上で完全自己責任でBIOS書き換えに挑戦してみるのもありです。
BIOSを書き換えるとAfterburnerでは触れなかった、メモリタイミングを書き換え可能ということです。
ちなみに私は、OCのみで止めています。

仮想通貨の情報を集めていると難しい言葉もたくさん出てきたり少々ハードルが高いですけど、NiceHash Minerのお陰でだいぶ楽させてもらっています。
7月の初めから始めましたので、電気代の請求が来るのは今月末ということでこれまでより高い請求を覚悟していますけど、いくらになるのか少し怖いです。今後も電気代と、仮想通貨の相場とか相談しながらGPUを買い足していきたいと思います。

MSI RADEON RX570 ARMOR 4G OCを2枚購入した後に、先走ってamazo.co.jpで追加2枚予約しています。これが到着したらMSI RX570が4枚になりR9 390Xと合わせて5枚になります。
全部を1枚のマザーボードに繋ぎたいので、ライザーカードが必須になってきますけどまだ持っていません。

最後に仮想通貨を円に変換する

簡単な説明でわかりにくいところも多かったと思いますけど、自動でほったらかしで稼げるというのは魅力です。ほんの少額しか稼げませんが、何と言ってもほったらかしで、しかも自分の趣味が活かせて、きちんと誰かのためになっているというところが魅力です。みなさんもチャレンジしてみましょう。

最後は、ビットコインのBTCを円に変換しないといけません。リアルマネーに変換するには仮想通貨取引所に登録しないといけません。登録し銀行に引き出すには本人確認の為に免許証などが必要になります。必要なものが揃っていればネットで完結します。
私は、coincheckに登録しました。まだ引き出すほど稼いでいませんけどw
今後がジュワジュワ楽しみです。

現在、入荷時期未定になっておりますけど、入荷されると見込んで買って見るならRX570が消費電力とHashレートのバランスが取れていていいと思います。

MSI Radeon RX 570 ARMOR 4G OC グラフィックスボード VD6330
MSI Radeon RX 570 ARMOR 4G OC グラフィックスボード VD6330
  • 一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。(2017/08/10時点)
  • MSI COMPUTER
  • VD6330 日本正規代理店品 保証1年
  • AMD RADEON RX 570搭載
  • トルクスファンを採用したクーラー「ARMOR 2X」を搭載
  • ブーストクロック 1,268MHz
  • メモリクロック 7,000MHz
  • 4GB GDDR5 256bitメモリ搭載
  • DisplayPort×3、HDMI、DVI 映像出力端子装備
Amazon.co.jp で詳細を見る

元を取るまでに日数がかかってしまいますけど、Hashレートをもっと稼ぎたいのであればRX580が狙い目です。コチラも合わせて品薄で非常に入手困難になっており、早い者勝ちです

MSI Radeon RX 580 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6329
MSI Radeon RX 580 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6329
  • 通常1~2か月以内に発送します。(2017/08/10時点)
  • MSI COMPUTER
  • VD6329 日本正規代理店品 保証1年
  • AMD RADEON RX 580搭載
  • MSIオリジナルファン「Twin Frozr VI」を採用
  • ブーストクロック 1,393MHz(OCモード時)
  • メモリクロック 8,100MHz(OCモード時)
  • 8GB GDDR5 256bitメモリ搭載
  • DisplayPort×2、HDMI×2、DVI 映像出力端子装備
Amazon.co.jp で詳細を見る

RADEONは入手困難なのでGeForceを買う人も多いようです。どちらも転売でかなり価格を上乗せして販売している業者もいらっしゃるようなので、少々高いのは目をつむらないといけませんけど、上限は幾らまでと決めておかないととんでもないことになりますのでよく考えて買うようにして下さい。

RX500シリーズの次期GPUの登場が噂されています。

発売日は8月18日/21日のようです、OC版のオリジナルファンバージョンが出て評判次第ではまた追加購入をと考えています。
では、より良いマイニングライフをお過ごし下さい。

by linlin77  at 17:08

Sponsored links

関連しているかもしれない商品

この記事のリンクタグ
コメントを書く
コメントする

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る