1. Home
  2. PCエアフロー
PCエアフロー

静音と冷却の両立(効果はわずかですので好きな人だけどうぞ)

基本、静音化と冷却性はトレードオフ

静音と冷却は、トレードオフってことで静音を求めると冷却不足へ、冷却性を求めると静音性が失われます。
PCのパーツ構成が発熱の低いパーツ構成で、と言うことなら殆ど無音に近い(完全に無音ではない)静音ファンを1つでエアフローを作ります。

パソコンから出る音の大半はファンの音です。その他、HDDの動作音、光学ドライブの操作音などありますが、主にファンの音をどうにか減らして冷却できればいいのです。

バランスを見つけるのもそうですが、何とか工夫して冷却と静音をそれぞれアップすることも不可能ではありませんので、私の知る範囲でご紹介します。

続きを読む>>

Sponsored links

ファンコンは下火ですけどファンコンを追加

ファンコンこそ自作PCの象徴のような気がするのは私だけでしょうか。液晶パネル付きのファンコンだったり、組立後でも何処かいじれる所があると触ってみたくなりますし、パワーボタンくらいしかさわれる所がないと寂しい感じがします。
ファンコンを付ける理由は、単なる好奇心でも静音化でも何でもいいのですけど、自分の場合は、高価な静音ファンを何枚も買うより、多少五月蝿くても低価格なファンを揃えて全部ファンコン制御した方が安く付くし、PCに負荷をかけてない時は静音で運用できると思うからです。

ファンコンの新製品は極小数

Intel Pentium4時台の様な爆熱CPU時代はさり、Core2世代以降、低発熱化が進み、余程のOCをするとか、ハイエンドなグラフィックボードをSLIやCrossFireしない限りケースファンは1・2枚あれば充分になりました。同時に、ファンコンの必要性も徐々に減ってきています。
ファンの静音化も進み、ケースファンも12cmが主流になりましたが、9cmファンが主流な時代もありました。12cmファンを低速回転で充分な風量で冷却ができるのでファンコンの需要が減る理由の1つになっています。
また、PCケースにファンコンが最初から付いている場合もあります。

ケースファンが多数取り付け可能なPCケースは今でも数多くありますが、ファンの電源をマザーボード以外から取らなくては行けなくなった時、ペリフェラル4ピンの電源から3ピンに変換して繋ぐ必要が出てきます。
しかし、ファンコンがあれば1本の電源からファンコンのチャンネル数だけファンが繋げます。このへんも隠れたメリットです。

続きを読む>>

簡易水冷のファンの向きは吸気か排気か

Photo:R1059781 By:Sig.

簡易水冷キットも大分価格も下がり買ってみても良いかなという感じになって来ました。
簡易水冷とは、主にCPU水枕、ウォーターポンプ、ホース、ラジエター、ファンがセットに成ったキットのことです。
簡易水冷に対して、パーツを全部個別で選んで組み合わせたものを本格水冷という風に使い分けられているようです。

簡易水冷だと本当に冷えるのか

割りと大きな空冷のCPUクーラーを使っているとして、それを簡易水冷に置き換えると本当に冷えるのか?
この疑問は常に付きまといます。私はまだ簡易水冷を使ったことがなく、まだ決まっていないのですが、興味は多少あるかなという状態なんですけど、もし、簡易水冷にするとしたら、エアフローはどうするべきか。
この疑問も常に付きまといます。
続きでは、簡易水冷のラジエターに当てるファンの向きはどちらがいいのかをあれこれ考えてみます。

Photo:R1059781 By Sig.

続きを読む>>

PCケースのエアフローを正圧にする理由

私は、PCケースにはいくつかの強い拘りがあります。
その最たるものは、正圧です。もともと正圧のPCケースもいくつか存在しますが非常に少なく、多少コストが割高です。
負圧のPCケースでも、吸気ファンを高回転にしたり吸気ファンを追加し、バランスの取れる範囲で排気ファンの回転を絞ったりすると、正圧になります。
今回は、私が何故そこまでして正圧に拘るのか、等をを書きます。

続きを読む>>

古いPCをできるだけ長く使うのにおすすめのパーツ

古いPCを大事に少しでも長く使いたい。現在のPCは新品でも凄く低価格になり、古いPCにお金をかけて使うよりさっさと最新のPCに買い替えた方がスペック的にも経済的にも効率的です。

古いPCを使い続けたい理由

しかし、スペックやお金にも代えがたい愛着感などがあり、しかも現在でも当時の価格で思い入れがあったりと、大事に使い続けたい気持ちになることもあります。
私の場合は、当時から使っているわけではなく、中古PC、中古パーツで組み上げた自作PCです。同じような方もいらっしゃるかと思います。

続きを読む>>

自作PCにデジタル温度計を追加可能な物あれこれ

自作PCにデジタル温度計を追加可能な物あれこれ Photo:FanController By:TaylorB90

パソコンの温度管理を気になさる方や、アクセサリーとしてデジタル温度計の追加も機械っぽくなっていいと思います。
温度計を自作して見ることも考えましたが、パーツを集めるよりも既製品をポンとつけたほうが安くて楽ということがわかりやめました。きっかけは100均ショップのキャンドゥーでデジタル温度計を見つけてからです。
サイズが横長なので表示部の裏側に折りたたんで半分のサイズに変更し、暗いところでも見えるようにバックライトLEDを追加し、電源をボタン電池からPC電源のペリフェラル電源から引っ張って...と予定していましたが断念!。

パソコン温度管理の必要性

飾りとしての温度計ならそれらしい温度計がついていればいいのですが、温度管理をしたい場合のデジタル温度計の必要性の説明を自分なりにしてみます。
気になる方は続きをどうぞ。

Photo:FanController By TaylorB90

続きを読む>>

メーカー製デスクトップPCのエアフロー

多くのメーカー製デスクトップPCは、排気ファンのみのレイアウトの場合が多いです。理由は排熱の効率とコストになります。
しかし、夏になるともちろん気温も上がりPCの冷却環境は不利な状態になっていきます。

低コストで簡単にエアフロー改善

メーカー製タワー型デスクトップPCをお使いの場合、PCケースを開けて見るとわかります。ただし液晶一体型PC等の場合ケースを開けるのに苦労しますので手を出さないほうがいいと思います。
これから徐々に気温が上がっ行く季節になって来ました。数ヶ月使っていて一度もPC内部を開けていないのであれば自己責任の上でケースを開けてみてください。おそらく埃が溜まっています。

排気ファンのみのPCで埃がつきやすい場所は、吸気口、CPUファン、CPUヒートシンク、電源内、ケース排気ファンになります。

続きを読む>>

PCケースのエアフロー

明けましておめでとう御座います。今年も「パソコンあれこれブログ」をよろしくお願いします。
不定期更新で頻度も少ないブログですが、皆さんと、お時間のある時や趣味や興味を共有できるブログにしていけたらと考えています。

初心者なりにPCケースのエアフローを考える

さて、簡単な年始のご挨拶で失礼いたしますが、本題に入ります。
季節は冬ですが季節外れなPCケースのエアフローについてです。自分自身でかなり自覚しているエアフローの虜です。簡単に経緯を話しますと、これまでMicroATXケースのメーカー製PCを夏場に数台壊している経験上です。ただし、デザイン重視の排気ファンのみのメーカー製PCケースでも純正の排気ファンのみの構成から、吸気ファンを1つ追加しただけで、CeleronDのマシンが現役で活躍しています。
元々、ファンの追加など考えられていないメーカー製PCケースに吸気ファンを追加するのは一筋縄では上手く行かず、かと言って大胆にフレームやパネルをくりぬいたり切断するのも気が引けてしまいます。
インシュロック(結束バンド)や、両面テープなどの簡単な道具だけでファンを追加しいかにエアフローを効率良くするかをケースの中身を開けては考えていた時期がありました。

その甲斐あってか、何度もトライアンドエラーを繰り返しましたが、5年近く無事に動き続けています。
現在はそのマシンはサブ機になっていますがほぼ毎日、快調に動いています。

エアフローに付いて色々なブログの記事、解説を読みあさり、まずは安くて良いケースを手に入れなければ、それと、何としても自分的に外せないのが冷却・正圧です。
冷却だけなら排気ファンのみの負圧でも問題ないのですが欠点は埃がたまることです。
冷却を保った上での正圧にすることでホコリ対策が出来、パーツも長持ちします。

逆に吸気ファンのみの構成でも正圧になりますが、冷却が不利になります。冷却が最優先でその次に埃対策のために正圧にするのが順序です。充分な排気を保った上で、吸気を増やすようにすれば、冷却優先の(正圧)吸排気バランスが取れたエアフローになります。

続きを読む>>

夏に向けてPCケース内のエアフローを考える

もうすぐ今年も暑い夏がやってきます。PCにとっても暑い夏は苦手です。そのため、PCケース内をいかにうまく冷却するかを考えてみます。

PCケースのエアフローの種類

  • 前面吸気>後方排気
  • 側面吸気>後方排気
  • 前面&側面吸気>後方排気
  • 前面吸気>上面&後方排気

他にも色々なタイプがありますが、主なエアフローのタイプをあげてみました。
ケースファンをどちら向きに取り付けるかで、ケース内のエアーの流れ方がかわり、温度に影響します。

ファンが沢山取り付けられるケースをお使いの場合は効率的なエアフローを探してみるのもいいでしょう。
ただ、ファンを沢山付けたから上手く冷却出来るかというとそうでもありません。ヘタをするとケース内で温まった空気をかき混ぜるだけになってしまいます。

では、どうすれば効率よくエアフローが可能か、あげてみます。

続きを読む>>
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る