1. Home
  2. ファンコン
ファンコン

RAIDMAX AGUSTAのHDD室のファンコン追加しました

夏に向けてRAIDMAX AGUSTAのHDD室のファンを静音ファンから高回転型ファンに変更しました。
中古で入手したファンは元はサーバー用ファンでしたので、五月蝿くてたまりません。
回転を落としたら静かになりますけど、冷えなければ高回転型ファンであっても意味がありませんので、不在の時や室温に応じてファンコンで調節するといいという考えで、ファンコンを導入しました。

PCIスロット取り付けの2チャンネルファンコン

ファンコントローラー DT4100 JETART

ファンコントローラー DT4100 JETARTの特徴は、昇圧型ファンコンということです。
通常は、12Vから5Vなどへ降圧する方式なのですが、DT4100は、5Vから12Vへ昇圧し、ボリューム調整する方式のファンコンです。
ペリフェラル4ピンは12Vと5Vのプラス・マイナスなので5Vの方から配線を取っていまして、通常のペリフェラル4ピンから3ピンへの変換コネクタとは配線が違いますので注意が必要です。

12Vから降圧するタイプは、ボリューム抵抗、三端子レギュレータが熱を持ちます。ファンコンを絞れば絞るほど発熱が高くなります。電圧を落とし熱に変換しているためです。
しかし、昇圧型ファンコンは文字通り昇圧していますので、ほぼ発熱はしません。これがDT4100を選んだ理由です。

続きを読む>>

Sponsored links

ファンコンは下火ですけどファンコンを追加

ファンコンこそ自作PCの象徴のような気がするのは私だけでしょうか。液晶パネル付きのファンコンだったり、組立後でも何処かいじれる所があると触ってみたくなりますし、パワーボタンくらいしかさわれる所がないと寂しい感じがします。
ファンコンを付ける理由は、単なる好奇心でも静音化でも何でもいいのですけど、自分の場合は、高価な静音ファンを何枚も買うより、多少五月蝿くても低価格なファンを揃えて全部ファンコン制御した方が安く付くし、PCに負荷をかけてない時は静音で運用できると思うからです。

ファンコンの新製品は極小数

Intel Pentium4時台の様な爆熱CPU時代はさり、Core2世代以降、低発熱化が進み、余程のOCをするとか、ハイエンドなグラフィックボードをSLIやCrossFireしない限りケースファンは1・2枚あれば充分になりました。同時に、ファンコンの必要性も徐々に減ってきています。
ファンの静音化も進み、ケースファンも12cmが主流になりましたが、9cmファンが主流な時代もありました。12cmファンを低速回転で充分な風量で冷却ができるのでファンコンの需要が減る理由の1つになっています。
また、PCケースにファンコンが最初から付いている場合もあります。

ケースファンが多数取り付け可能なPCケースは今でも数多くありますが、ファンの電源をマザーボード以外から取らなくては行けなくなった時、ペリフェラル4ピンの電源から3ピンに変換して繋ぐ必要が出てきます。
しかし、ファンコンがあれば1本の電源からファンコンのチャンネル数だけファンが繋げます。このへんも隠れたメリットです。

続きを読む>>
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る