1. Home
  2. フリーソフト
フリーソフト

「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」を使って「Yu Gothic UI」とおさらば

Photo:Windows 10 By:Worldleaks

Windows10 標準のフォントが滲んであれなのでフリーソフトで解決してみよう

Windows10の唯一の欠点と言えばなんでしょうね。
人それぞれですが私はフォントが滲んで見にくいことが欠点です。他は成れてしまいましたのでそれほど不満は有りません。

フォントの滲む原因は、「Yu Gothic UI」という新しいフォントが採用されたからです。アップデートとともに徐々に改善されてることもあるようですが別のフォントに簡単に切り替えられて見やすいフォントになるのであればその方がいいですね。
「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」を使う - Windows 10を“7風”に使うワザ7選 - 窓の杜を読みこれは良さそうということで早速インストールしてみました。

Photo:Windows 10 By Worldleaks

続きを読む>>

Sponsored links

Windows用 FreeSoft 私の常用フリーソフトまとめ

Photo:紅豆霜淇淋, 霜淇淋, 全家霜淇淋, 全家便利商店, 台北 By:bryan...

FreeSoftの画像が何でソフトクリームなのか?という質問は無しの方向でお願いしますw

このページでは、Windows用の高速化ソフトから画像編集・動画編集・HDDデフラグ・メモソフトまでフリーソフトをまとめてご紹介致します。


Photo:紅豆霜淇淋, 霜淇淋, 全家霜淇淋, 全家便利商店, 台北 By bryan...

Windowsのゴミファイルを削除して高速化

簡単で効果のあるソフトがCCleanerです。CCleanerはWindowsを使用する際に知らないうちにできてしまう不要なファイルを探して簡単に削除できるソフトです。その他、レジストリーの削除も可能です。

CCleaner
Portable用を選びたい場合は、CCleaner - Buildsの中からPortableを選んで下さい。

CCleanerにCCEnhancerを追加すると標準のCCleanerの削除できるファイルを拡張して追加してくれます。

CCleanerに似た他社のフリーソフトとしてGlary Utilitiesも有ります。両方使うと効果的です。

両方のソフトはWindowsを使い始めて特に何もせずに使っているPCでは、削除するファイルが膨大にあるために、サーチや削除に時間がかかる場合がありますが、2度目以降からマメに削除するようにすれば、ソフトの起動から削除まで、ホンの数分で出来るようになりますので時間がかかるのは初回のみです。

その他のフリーソフトをご紹介していきます。

続きを読む>>

OS 丸ごとHDD内容をコピーできる EASEUS Disk Copy

Photo:Makro Aufnahme einer offenen Festplatte By:ScaarAT

HDDはPCパーツの中で最も寿命の短いパーツといってもいいと思います。もちろん他のパーツが長生きすることもありますが、熱、振動に弱いことなどが原因での故障が多いようです。
HDDのS.M.A.R.T.情報を読み取りある程度故障の予測を知ることもできます。
そのS.M.A.R.T.情報を簡単に読み取ることのできるフリーソフトCrystalDiskInfoで時々チェックするいいとでしょう。

もし注意というマークがでたら早めにHDDを取り換えたほうがいいです。

HDD換装する場合は、通常ですとHDDを取り換え新規インストールなりリカバリーなりでこれまで設定していた内容やファイル、ドキュメントなどは失われます。設定やファイル、ドキュメントなどはUSBメモリや外付けHDDなどに簡単にバックアップしてリカバリー後にも移すことができますが、問題はインストールされていたソフトをインストールしたりそれらの設定をやり直したりしなければいけないことです。
使っているソフトが多かったりしますと、環境移行に丸一日やそれ以上かかる場合もあります。

この面倒な設定作業をOS丸ごとコピー元HDDからコピー先へコピーできるのがEaseUS Disk Copy Home Edition 2.3.1です。
通常はコピー元のHDD容量≦コピー先のHDD容量(コピー元が小さいか同じ)の場合しか成功しないようです。
コピー元のHDD容量>コピー先のHDD容量(コピー元が大きい)の場合のコピーの仕方も後述します。

Photo:Makro Aufnahme einer offenen Festplatte By ScaarAT

続きを読む>>
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る