1. Home
  2. メモリ
メモリ

ノートパソコンのHDDをSSDへメモリ2GBを16GBへ換装

Photo:ThinkPad X61 By:weboo

低価格ノートPCでは、スペックが足らずに動作がモッサリ、かと言って高スペックのノートPCは、お値段が高すぎる。
そんな時、ジサカー(自作PCをする人)ならSSD換装とメモリ増強でかなりサクサクで快適なノートPCに早変わりします。

ジサカーが選ぶノートPCの選び方

ノートPCはコンパクトでちょっとした移動にも便利で、普段使いではタワー型PCをお使いのジサカーでも、1台ノートPCがあると何かと便利になるはずです。

ジサカーが交換できるパーツは交換前提でノートPCを選ぶ場合、どのような選び方をしたら良いのでしょうか。
パーツ交換でスペックアップ前提で選ぶのですから、HDDやメモリの容量は木にしなくても構いません。CPUの交換もするのかどうか選ぶ時点で決めておくといいでしょう。ただ、メモリは何GBまで増設可能かはメーカーサイトの仕様欄を確認しておく必要があります。

パーツ交換や改造は完全に自己責任になります。メーカー保証も効かなくなると思いますのでご注意下さい。

それでは早速スペックアップ用のノートPCを選んでいくところから始めてみましょう。

Photo:ThinkPad X61 By weboo

続きを読む>>

Sponsored links

スクリプトを使ってCPUやメモリに負荷をかける小技

Home
OCCT

フリーソフトでCPUやGPUに負荷をかけるOCCTというソフトが有ります。
ストレステストや温度テスト、オーバークロックの調整などに使うソフトですが、この様なソフトを使わずに簡易的に負荷をかけるスクリプトのご紹介を致します。

テストファイルにコピペして名前を変更して保存し、ダブルクリックで実行するのみでCPUとメモリのそれぞれに負荷をかける事ができます。興味のある方はどうぞ自己責任でお試し下さい。

続きを読む>>

Windows Server 2003 Resource Kit Tools を使って安全にメモリ解放をする方法 (empty.exe)

Windowsのパソコンは使い続けるとメモリ使用料が肥大化し、メモリ搭載容量が少ないパソコンでは、動作が重くなる事があります。
長時間使う場合は、再起動するのも手ですが、低スペPCでは、再起動も時間がかかってしまい面倒です。そこで手軽に安全にメモリ解放をする方法をご紹介します。

起動してすぐの状態ですと、効果は少ないですけど、数時間使った状態や、短時間でも沢山フォルダやファイルを開いたり閉じたりした後等は効果が大きくなります。

メモリ容量の少ないPCでは動作がモッサリしてきたら、再起動するのが手っ取り早かったりしますが、この方法ですと、再起動より断然早く、しかもメモリ削除中のCPUへの負荷も最小限で、軽く動作しますので、大変オススメの方法です。

マイクロソフト(empty.exe)を使ってメモリ解放

Microsoft謹製のメモリ解放をする方法 手順を説明していきます。

続きを読む>>

【ジサカーに悲報】メモリとSSDが値上がりの予測

自作PCの価格がこれまでも上昇していたんですが、より一層価格が上がる予想が出ています。
買うならこの一週間位で買っておいたほうが良さそうで、一旦上がったら一年以上値下がりは無い見込みが濃厚です。
あくまでも予測です。もし価格変動が予想の逆に動いても当ブログでは一切責任はありませんのであしからず。もちろんですが購入は自己責任でお願い致します。

情報のソースは週末アキバ特価リポート:「今週末が限界かも」――メモリやSSDがまもなく値上がり (1/2) - ITmedia PC USERです。その他IT系情報サイトでも同じような記事を見ることができます。

輸入品である以上外貨の価格変動に左右されるのは仕方ない

以前は国産のメモリもあったりしたんですけど今は無いと聞きます。
生産国が韓国や台湾、後アメリカもあるのかな、などが多く、価格変動の理由は外貨の為替変動だけではなく、生産量を調整して値下がりを抑えたり、価格を上げたりしている。

一時期はDDR3の4GBメモリが一枚3000円台で替えたりしたんですけど(価格.com - CFD W3U1600HQ-8G [DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組] 価格推移グラフ8GBメモリの値動きの例)安かった頃は異常なやすさでむしろ今が正常な価格なのかもしれない。
アベノミクスも手伝ってか今の価格で購入できそうなのは残り一週間くらいらしく、どこまで値上がりするかは蓋を開けてみなければわからない。年末年始の特価でも今より高くなりそうという予想です。(メモリーとSSDに限ります)

続きを読む>>
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る