1. Home
  2. 腱鞘炎
腱鞘炎

マウスを使うと腱鞘炎になりやすい方のマウス選び エルゴノミクスマウス

腱鞘炎対策用マウス

長時間パソコンを使うと、マウスを持つ方の右手の手首に違和感があったり、痛みが出る方がいらっしゃると思います。
私もそうです。右手の手首に違和感とひどい時は痛みも有ります。
シップを貼ったり手首の運動をしたりしてもその場しのぎの効果しかありませんでした。

腱鞘炎の方におすすめの手首にやさしいマウスの選び方

手を力を入れずに自然に前に出した時の手首の角度は45度くらい斜めに向いているはずです。
しかし、通常のマウスの多くは水平な形をしています。

手を自然に前に出した時の角度でマウスが使えることが重要

手に力を入れないままで最も快適な状態

では腱鞘炎になりやすい方はどんなマウスを選べばいいかといいますと、自然に手を前に出した時の形にフィットするマウスがいいということです。
手首をひねらなくてもいいので腱鞘炎にもなりにくいですし、これまで腱鞘炎には無縁の方でも、PC作業の時間が長い方には、マウス選びも疲れにくいマウスを選んだ方が疲れにくいということになります。

続きを読む>>

Sponsored links

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る