1. Home
  2. 電源
電源

自作PCの電源の種類から電源の選び方まで

ATX電源の選び方

自作PCの構成の中で電源は重要な役目を持っていますが、直接スペックに関係しないためか軽視される傾向にあるのも事実です。
電源の選び方に付いて書いていきます。

一般的なパソコンの電源の種類

ココで一般的なと前置きした理由についてですが、メーカーや型番によってはメーカー独自規格の電源だったりしますので、メーカー独自規格の電源については除くという意味で一般的なと前置きしています。
それからタワー型以外では、一体型PCの多くは本体内部に電源は搭載せず、アダプター形式の電源を多く採用されています。
ココではメーカー独自規格とアダプターを除いた一般的な電源という意味で説明しています。

広く一般的に流通している電源規格はATXです。ATX電源以外はスリムタワー型の筐体や小型キューブ型パソコンなどで使われていますが、あまり電源のみでは販売されていません。

電源のサイズ

  • ATX
    サイズ:幅150×奥行き140×高さ86mm
    幅150×奥行き160×高さ86mm 120mmファン等の大型の冷却ファンが搭載されている製品では、吸排気するためにファン側に隙間が必要になる。 しかしながら、一部のPCケースでは電源取付用ネジ穴の位置が、電源の上下逆さまの取り付けに対応していない場合があるため、電源との組み合わせでファン側が板金でふさがれてしまうことがあるため注意が必要。
  • SFX
    サイズ:SFX(A) 幅100×奥行き125×高さ50mm
    SFX(B) 幅100×奥行き125×高さ63.5mm SFX(C) 幅125×奥行き100×高さ63.5mm SFX(D) 幅100×奥行き125×高さ63.5mm ※ SFX(B)とSFX(C)はファンの厚みが17.1mmとなっており、空冷ファンが下部に出っ張っている。
  • TFX
    サイズ:幅85×奥行175×高65mm

参照元:ATX電源 - Wikipedia

一番広く普及しているのはATX規格です。ATX以外の規格は自作PCではあまり流通していません。

_shakib_

続きを読む>>

Sponsored links

80+GOLD認証電源ENERMAX ERX730AWT Revolution-X’t 730W のレビュー

私が使うのは始めての80+GOLD認証電源です。
電源の良し悪しの基準の一つに変換効率があります。パソコンのATX電源は、コンセントからのAC100V(交流)をDC12V、5V、3.3V(直流)に変換するという役目があるのですけど、変換する際にどうしてもロスが生じます。そのロスはPCパーツには供給されずに電源の変換ロスとして熱になって逃げていきます。
変換効率の良い電源は、発熱も少なくなり、同じ構成、同じ消費電力なら消費電力も少なくなり経済的です。
しかし、変換効率の高い電源は電源本体の価格も上昇するので、その電源を何年使用する予定かなどから計算して買うとより経済的になります。電源本体価格の上昇に対して電気代がいくら安くなって、何時間使うと元が取れる計算になるのかなどが計算方法になります。

80+認証電源の意味

まず勘違いしてはいけない注意点として80+XX認証だからといって電源の品質が高品質な訳ではないので理解しておいて欲しいです。
上のXXの部分に変換効率が低い順に(スタンダード、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、チタン)のいずれかが入るのですけど、右に行くほど良い電源ではなく正確には変換効率の良い電源ということになります。

今回のENERMAX Revolution-X’t 730Wは80+ゴールドになります。

このレビューは、企業から無料で提供された製品に対して消費者の視点でレビューをおこなう、coneco.netの体験レビューとして作成されています。
http://www.coneco.net/taiken/
私のレビューは、ENERMAX/エナーマックス ERX730AWT [Revolution-X’t 730W]のレビューと評価: セミプラグイン方式の730W 80+ゴールド認証電源 [coneco.net 商品レビュー]です。

続きを読む>>
linlin77 at 11:55コメント(0)
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る