1. Home
  2. PCケース
PCケース

PCケースの選び方 自作PC初心者用

自作PC初心者用の構成価格を抑えようとすると、PCケースと電源の価格を下げようと考える人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
PCケースは、直接スペックには関係ないパーツですけど、タダの箱じゃありませんので自作PC初心者用にPCケースの選び方を解説します。

PCケースはタダの箱では無い

PCケースに求められる性能は、人それぞれかもしれません。必要最低限のコスパ重視ケースから高級ケースまで様々です。
どの様な違いがあるのかリストアップしてみます

DOS/V POWER REPORT 2015年3月号
DOS/V POWER REPORT 2015年3月号
powered by LinkAmz
Brand : インプレス
Ranking : (2016/02/18 03:49:46)
Price : ¥ 1,180
PCケースの機能
  • 5.25インチベイ・3.5インチベイ(2.5インチベイ)の数
  • ツールフリー(ネジを使わずに取り付け可能)
  • 搭載可能なマザーボードのサイズ
  • オープンベイ、シャドウベイの数
  • 搭載可能なHDD、SSDの数
  • 搭載可能なファンのサイズと数
  • 電源を搭載する位置
  • 吸気ファンのフィルターの有無
  • 裏配線が可能かどうか(ケーブルマネジメント)
  • パネルの材質や板厚(スチールかアルミ、その他部分的なプラスチック)
    • サイドパネルの一部又は全体がアクリル製
  • 静音性、サイドパネルに遮音シートの有無
  • ファンコンの有無
  • 温度表示の有無
  • 水冷用ラジエター搭載可能ならその位置と数とサイズ
  • パーツのレイアウト
    • 内部のシャドウベイが取り外せるなど
  • 装飾用LEDの有無
  • その他デザインなど etc

バランスや好みによって何を優先するのかが変わってくるので、これは譲れないという様な絶対条件を幾つかに絞って決めていくと決めやすくなります。


標準的なケースや特徴的なPCケースを紹介します。

Photo:Fractal V3 silent PC case By Andrew Mason

続きを読む>>

Sponsored links

RAIDMAX AGUSTA について

以前の記事、拡張性とコスパが最高のPCケース【RAIDMAX AGUSTA】で書きました、欲しいと思っていたPCケースを購入しました。
HDD別室で7480円で購入(現在は6980円で購入可能)は、いい買い物でした。

RAIDMAX AGUSTA のレビュー

ファンコン、LED調光機能付き、USB3.0×1 USB2.0×2
5.25インチベイ×5、3.5/2.5インチシャドウベイ×6+2.5インチシャドウベイ×2
5.25インチフロントベイは上部3段と下部2段に分かれています。

パワーボタン&リセットボタンが天板にあり、USB、オーディオイン・アウト、ファンコンつまみ類も上向きに設置されています。
サイズもフルタワークラスで使いにくい所もありますが、HDD別室で簡単にストレージ入れ替え、増設が可能な所は、私に取りまして便利な機能です。

続きを読む>>

PCケースのエアフローを正圧にする理由

私は、PCケースにはいくつかの強い拘りがあります。
その最たるものは、正圧です。もともと正圧のPCケースもいくつか存在しますが非常に少なく、多少コストが割高です。
負圧のPCケースでも、吸気ファンを高回転にしたり吸気ファンを追加し、バランスの取れる範囲で排気ファンの回転を絞ったりすると、正圧になります。
今回は、私が何故そこまでして正圧に拘るのか、等をを書きます。

続きを読む>>

拡張性とコスパが最高のPCケース【RAIDMAX AGUSTA】

【RAIDMAX AGUSTA】フルタワーPCケースかと思うほどの高さがあるケースですが、ミドルタワーです。
ケースの下部は、3.5インチドライブベイ×6のスペースが確保されています。
サイドパネルが上下で別々に開けるようになっていますのでHDDやSSD(トレーは3.5インチ、2.5インチに対応)の増設、取り外しが簡単にできます。ファンコンとLED照度(明るさ)コントローラーもついています。

2013年1月19日現在 在庫切れにより入手困難です。

続きを読む>>

PCケース改造ネタ

時間が有る時は、自作PCの改造を企んで色々と検索し、ブログを徘徊して回っております。
改造の目的は、静音化と冷却・エアフロー強化であります。

PCケースの静音化と冷却の両立は可能か

実は、ご存じの方も多いと思いますが、静音と冷却はどっちかを採ればどっちかがたたず、の関係で、どちらを優先するか、又は、静音化する場合もファンがある以上、愛嬌点が必要となります。
ですが、その常識的な考えを破ることに自作PCの楽しさがあります。そんなのは私だけかもしれませんが。

効率的なエアフローで冷却するとPCケース内の発熱するパーツの熱を素早く排気することで、ほぼ一定の温度を保つことが可能となります。一般的に、ファンの数を増やしたり、回転数を上げるとエアフローは向上しますが、静音化からは遠ざかって五月蝿くなってしまいます。

続きを読む>>

自作PCのPCケースの選び方 - 個人的な考察

自作PCのパーツ選びで一番楽しいのは個人的にPCケースであります。いつも見たり触ったりする場所ですし、次の構成でも使い回しが利くしメーカー、モデルによってはギミック満載で見てるだけでワクワクしたりします。
更に、エアフローや静音にも拘りたいなら最初のケース選びが重要になってきます。

自作PCで一番普及しているATXサイズで選ぶ

ATX規格はマザーボードのサイズ規格ですが、ATXサイズのマザーボードに対応するケースと言う事になります。
ATX規格のPCケースの選び方について個人的に考察してみます。

続きを読む>>

PCケースのエアフロー

明けましておめでとう御座います。今年も「パソコンあれこれブログ」をよろしくお願いします。
不定期更新で頻度も少ないブログですが、皆さんと、お時間のある時や趣味や興味を共有できるブログにしていけたらと考えています。

初心者なりにPCケースのエアフローを考える

さて、簡単な年始のご挨拶で失礼いたしますが、本題に入ります。
季節は冬ですが季節外れなPCケースのエアフローについてです。自分自身でかなり自覚しているエアフローの虜です。簡単に経緯を話しますと、これまでMicroATXケースのメーカー製PCを夏場に数台壊している経験上です。ただし、デザイン重視の排気ファンのみのメーカー製PCケースでも純正の排気ファンのみの構成から、吸気ファンを1つ追加しただけで、CeleronDのマシンが現役で活躍しています。
元々、ファンの追加など考えられていないメーカー製PCケースに吸気ファンを追加するのは一筋縄では上手く行かず、かと言って大胆にフレームやパネルをくりぬいたり切断するのも気が引けてしまいます。
インシュロック(結束バンド)や、両面テープなどの簡単な道具だけでファンを追加しいかにエアフローを効率良くするかをケースの中身を開けては考えていた時期がありました。

その甲斐あってか、何度もトライアンドエラーを繰り返しましたが、5年近く無事に動き続けています。
現在はそのマシンはサブ機になっていますがほぼ毎日、快調に動いています。

エアフローに付いて色々なブログの記事、解説を読みあさり、まずは安くて良いケースを手に入れなければ、それと、何としても自分的に外せないのが冷却・正圧です。
冷却だけなら排気ファンのみの負圧でも問題ないのですが欠点は埃がたまることです。
冷却を保った上での正圧にすることでホコリ対策が出来、パーツも長持ちします。

逆に吸気ファンのみの構成でも正圧になりますが、冷却が不利になります。冷却が最優先でその次に埃対策のために正圧にするのが順序です。充分な排気を保った上で、吸気を増やすようにすれば、冷却優先の(正圧)吸排気バランスが取れたエアフローになります。

続きを読む>>

PCケースについて

パソコンの自作用ケース、メーカー製PCの自作用に利用できそうなケースで、何を基準に選ぶかを、まず、考えてみよう。
パソコンケースを選ぶ基準は、デザイン、拡張性、サイズ、重量、静音、冷却、機能などです。(価格も)

デザインだけで選ぶと失敗します

ケースの外観デザインも人によっては大事な要素です。こんなことを書きながら私もデザインで選びたくなります。しかし、決してデザインだけで選んだりはしません。後で後悔するのが目に見えているからです。
デザイン以外の重要な基準も満たし、なおかつデザインも好みの物ならばそれに越したこたはありませんが、中々そうは行きません。

自分の場合、予算、サイズ、拡張性(各ベイサイズの数)冷却、静音、デザインの順で選びます。全部満たせない場合は、どこを愛嬌するかが問題でもあります。
こんなことを書きながらではありますが、私自身、まだ新品でPCケースを買ったことがありません。いつも数年前の中古かジャンクPCのケースのみを使い回して使っております。

続きを読む>>
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)
ページの先頭へ戻る